晩酌 おつまみを考える

スポンサーリンク
晩酌

晩酌 おつまみを考える

晩酌するのにおつまみは欠かせません。

おつまみを考えるのは楽しいですよね。

おつまみには何がいいかは人それぞれです。

基本酒飲みの私としては、和、洋、中に大きく分けて考えます。

ビール

私の晩酌では、何より一番大事なのがビール

ビールというか、発泡酒です。

発泡酒をビールと考えるかは人によると思いますが、第三のビールと呼ばれているくらいなので、ビールに区分けてもいいかなと。

銘柄は沢山あり、味も全然違います。

どれも飲みやすくできていますが、好みは大きく違いますね。

個人的にはクリアアサヒです。

焼酎

芋焼酎、麦焼酎、米焼酎などがありますね。

水割りなどで呑む人が多いですが、ロックで呑む人もいます。

アルコール濃度としては20~25%くらい。

酒好きはありますが、決して強くはないので、水などで割らないと強すぎて呑めません笑

米焼酎は近場のスーパーなどに置いてないため、個人的には麦焼酎か芋焼酎を好みます。

日本酒

いわゆる酒というものですね。

沢山の種類があります。

アルコール度数は13~15%前後

結構強めですが、チビチビ呑むためのお酒です。

度数が高くても飲みやすいお酒もあれば、味が合わないお酒もある。

高い日本酒でも合わないものもあれば、安い日本酒で呑みやすいものもある。

どれが自分に合うのか、飲み比べて探すしかありません。

スポンサーリンク

この2本は美味しいお酒を知っている人から聞いて購入しましたが、聞いた通りでした。

日本酒の中で、唯一この2本はとても飲みやすく、リピーターになっています。

とても飲みやすいので、飲みすぎに注意しなければならないくらいの呑みやすさです。

ワイン

大きく分けて、赤と白があります。

中間のピンク色のロゼという種類もあり。

甘口から辛口までのランク分けから、国によって無数に種類があります。

ワインソムリエなんていう資格もあったりして、年代物なども合わせるとどれだけ種類があるかわかりません汗

他にもウイスキー、ジン、リキュールなど沢山あり、ちゃんぽんなんかしちゃったり、悪酔いしたり、二日酔いで頭痛ひどくって布団から半日起き上がれなかったりと、結構沢山の種類を飲み比べてみた結果、最終的に発泡酒に落ち着きました。

以前ワインにハマッていたことがありますが、果物が好きなので、果実酒だからかな好むのかなと思っていた時期もあります。

年齢を重ねるにつれて好みも変わっていくかもしれません。

おつまみ

和食

お寿司、漬物、揚げ物、練り物、焼き鳥、焼き肉など沢山ありますよね。

私の場合、ごはん代わりをビールにしているため、晩酌時に米を食べません。

串カツやクリームコロッケなどの揚げ物、きゅうり漬けなどの漬物を好みます。

洋食

ピザ、総菜パン、スパゲティ、ハンバーガーなど。

その日によって食べたいものが違うので、迷いまくる時も多々あります。

総菜パンて洋食に入るのかな笑

中華

肉野菜炒め、チャーハン、餃子くらいしか思い浮かばない、というか、餃子を選びます。

その他にも沢山ありますが、メインは餃子です。

晩酌 毎日やるのはどうなのか

体への負担、肝臓への負担を考えると、週一回程度は休肝日があった方がいいと言われているようですが、酒飲みには休肝日がありません笑

毎日の晩酌が楽しみで生きております笑

ほろ酔い程度であれば適量と言えるのではないかなと。

以前は宅飲みなのに、意識を失うくらい飲みまくっていた時期もあります。

体調を崩しそうになりかけたため、制限しました。

当時の話ですが、週末だけに切り替えたら、体調がすこぶる改善。

つまり、ただ単に飲みすぎだったということ。

飲みすぎには気を付けましょう。

晩酌セットとは

ビールであれば、いろんな銘柄を集めてセットにしたものがあります。

総菜であれば、いろんな種類がまとまったおつまみセットなどがあります。

小食な私としては、総菜の晩酌セットは多すぎて食べきれない。

余ってしまい、悪くしてしまうので、気に入った総菜をいくつかバラで購入した方が、食品ロスを防げます。

晩酌セットは基本的に、居酒屋メニューでよく見ます。

1980円で飲み放題メニューとかはよく見かけます。

晩酌 1人の気楽さが最高

外に出て飲むことが難しいこのご時世、完全に宅飲み、1人飲みに慣れました。

元々大人数で飲むのが苦手なので、自分の中では最高のご時世と思っています。

人がいれば、親しい人であってもいろいろと何かと気を使います。

自分1人だけなので、自分のペースで好きなだけ飲めるって最高ですね。

晩酌 おすすめのやり方

宅飲みは全て自由なので、好きに飲んで食べていいのが最高です。

私はテレビもマンガも好きなので、食べながら飲みながら、録画した番組、映画、マンガなどを見ています。

気付くと3,4時間呑んでいることもよくあります。

宅飲みで一人呑みなんか本当に自由なので、おすすめというのは人によりますよね。

ブログやYou Tubeなどを見たりして、他の人の呑み方を参考にして晩酌の楽しみの幅を広げるというのも方法の一つと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
晩酌
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント