ギター初心者におすすめのギター

スポンサーリンク
音楽

ギターの種類

ギターの種類は数多く、値段も本当にピンキリです。

大きく分けて

ストラトキャスタータイプ

レスポールタイプ

の2種類があります。

ストラトキャスター

このタイプのギターの事をいいます。

一般的にエレキギターと言われる種類です。

主にポップス

ロック

ハードロック

メタル

などで使用されるギターです。

基本アンプに繋いで音を増幅させて音出しします。

音をアレンジしたいなら

エフェクターという機械を介して

アンプにつなぐことで

音を変化させることができます。

レスポール

このタイプの事を言います。

一般的にレスポールタイプといいます。

単にレスポールと言っても

エレキギター

エレアコ

セミアコ

アコースティック

など、これもまたいろいろな種類があります。

写真のようなタイプは

ストラトのように

アンプにつないで音を出します。

主に

ポップス

ロックなどで使用されます。

価格

安いものだと1万程度

高い物は本当にピンキリですが

数万円~数十万円程度

プロが使用するような物は

当然ですが

数十万~数百万は余裕でいきます。

種類によっても違うので

まずは店頭で音を出してみて

選ぶ方が良いですね。

安くても音が良いものもあれば

高くてもそんなに気に入る音でもない

というものも沢山あります。

弦の種類

ギターを練習するにあたって

弦というのは

完全に消耗品です。

弾けば弾くほど

手汗、手の脂がついて

早くサビつきます。

ほとんどがスチール弦なので

サビつくと

切れやすくなったり

スポンサーリンク

指をケガしたりします。

エレキ用ストリングス

レスポール用ストリングスなどがあり

エクストラストリングス(柔らかめ)

スタンダードストリングス(中間)

ハードストリングス(硬め)

などに分けられます。

エクストラストリングス

ストラトキャスタータイプで

チョーキングの演奏が多い人はこのタイプです。

弦が細くて柔らかいので

チョーキングしやすいタイプです。

割と切れやすいので

弦の張替え作業時

気をつけて張替えしないと

しょっちゅう切れます(;’∀’)

スタンダードストリングス

中間の硬さのタイプ。

通常の練習時に使うタイプかもしれません。

普通にチョーキングできますが

エクストラより多少やりづらい。

ハードストリングス

硬めのタイプ。

コード弾きに向いてるかも。

弦の張替えは

エクストラよりは硬いので

割と張替えやすい方。

初心者には何が良いか

高いギターを購入したとしても

弾けるようにならないと意味がありません。

多少でも弾けるように上達するまでは

通販などの

1,2万程度

アンプ、入門書が付属の

初心者セットでも

十二分かと思われます。

ある程度弾けるようになると楽しくなってきて

もっと弾きたい

バンド組みたい!

みたいな気持ちになります笑

上達してきて

いろいろ弾けるようになるのは

とても楽しいことなので

是非頑張って弾けるようになりたいですね^^

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
音楽
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント