データの保存方法

スポンサーリンク
パソコン

パソコン内のデータの保存方法

パソコンを使用していると、重要なデータ、無駄なデータ含め、どんどんパソコン内に溜まっていきます。

そのまま何もしないでいると、データ容量がパソコンの容量の限界になり、データ保存できなくなります。

データ保存容量が大きいPCならいいのですが、安いPCだと、容量がかなり限定されてしまいます。

そういうPCでも、外付けのハードディスクがあれば、いくらでも保存できます。

その保存方法について、ご紹介します。

保存媒体の容量

家電量販店でよく目にするのは、2G,3G,5G,8G,16Gなどの表記です。

今のネット社会において、ほとんどの人が知っているかもしれませんが、これはデータ保存容量の違い。

ギガ数が多ければ多いほど、データを大量に保存できます。

今の時代、8GBくらいが最低容量くらいじゃないでしょうか。

32GB,64GB,128GBなどは普通で、500GBも普通になりつつあります。

1TB,2TB,3TBなどもだいぶ多く出てきました。

1TB(テラバイト)というのはGB(ギガバイト)に換算すると、1000GB。

2TBは2000GB

3TBは3000GBです。

当然ながら、容量が大きければ大きいほど高額です。

You Tubeでもその他の様々な動画サイトの動画を保存しようとする時、再生時間が長い動画はそれだけ容量も大きいです。

とりあえずでも1TBくらいのハードディスクが一つあると、ほぼ全てのデータを保存することが可能。

スポンサーリンク

USBメモリ

一番持ち運びやすいのは何と言ってもUSBメモリ。

指一本位のサイズで大量のデータを保存できます。

普通の容量で8~16GB程度。

大きい容量のもので、32~128GB程度。

8GB程度のものなら1000円前後で購入可能。

16~32GBであれば、2~3000円程度で購入可能。

外付けハードディスク

外付けの大容量保存媒体。

10年くらい前は大きくても500GBが限界でしたが、最近だと上述した通り、1TBでも10000円程度。

2~3TBも多種類出てきています。

2,30000円程度。

通信速度

最高480 Mb/秒とか、最高4.8 Gb/秒などと表記されるもの。

これはつまり、データを保存媒体に転送する時の通信速度のこと。

数字が大きければ大きいほど、データ移行のスピードが速いということ。

容量が大きければ大きいほど、データ移行に時間がかかります。

スピードが速いものほど高額ですが、その分データ移行の時間は早いです。

まとめ

ソフトウェア業者やシステム業者さんからよく聞く話ですが、皆さん基本的にPC本体は信じてないそうです。

つまり、重要なデータをPC本体だけに保存していると、何らかのトラブルでPCが突然シャットダウンとか、動かなくなった時、どうすることもできない。

データのバックアップは重要だとよく言われるのはそのためです。

普段からUSBや、外付けのハードディスクにデータを保存するクセを身につけておけば、いざPCが動かなくなった時、まるで問題なく他のPCでデータをやり取りできます。

PCが正常に動いている時こそ、常に外付けハードディスク等に保存するクセを身につけておいた方が、何かと助かりますよ。

旅行に行く時なんかも、ハードディスクを持っていけば、ネットカフェなどでデータを操作することもできるので、おすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント