読書を楽しむ方法

スポンサーリンク
読書

読書 無料で読む方法

読書を無料で楽しむ方法で一番オススメなのは、図書館を利用することです。

図書館にも様々な種類があり、蔵書数にもよりますが、規模の小さい図書館であっても、かなりの数の本があるので、読む本に困ることはあまりないでしょう。

どこの図書館も、本の種類によってジャンル分けされているので、興味があるジャンルを探せばちょうどよい本が見つかりやすいです。

一つ注意するべき点は、最新図書などを置いてあるところが限られるということと、ジャンルによってはかなり昔に出版されたもので、情報としてはほとんど役に立たないこともあります。

移り変わりが激しいジャンルや情報が掲載されている本については、まず初版発行がいつごろなのかをチェックしてみるとよいでしょう。

特にIT系、パソコン系の情報は、日々目まぐるしく変化しているため、注意が必要です。

小説や歴史ものなどは、それほど気にしなくても良いと思います。

読書 時間をどのくらいかけるか

読書にかける時間は個人の自由なので、決まった時間というのはありません。

ほんの数分、ページ数にして1~2ページとかでも、読み進めているのは確かです。

もちろん、どのような内容の本かにもよります。

区切りのいいところで一旦終了という進め方でも良いと思います。

一つ言えるのは、読書に時間をかければかけるほど、読解力が向上し、知見の幅が広がります。

いろいろな物事に対する考察力、判断力も向上します。

読書 電子書籍はどうなのか

ネット全盛のこの時代、電子書籍がかなり増えてきました。

スマホ1台、タブレット端末1台あれば、いつでもどこでも読書できるというのは、荷物がかさばらなくてとても便利です。

ただ、電子化されている書籍は、かなり増えてはきてますが、まだ一部であり、古い書籍やその他の書籍はまだまだ紙製です。

中には本をアプリで読み取り、電子化するアプリもあるようですが、電子化されていない紙製の書籍をその都度アプリで電子化する手間や時間を考えると、そのまま持ち歩いた方が早いかもしれません。

どちらにしても、電子書籍がとても便利なのは間違いありません。

読書 映画の原作を読むのは

スポンサーリンク

小説やマンガなど、原作を元にした映画は沢山あります。

原作がある映画の場合、映画の所要時間によりますが、その多くは原作のダイジェスト版と言ってもいいかもしれません。

もちろん、作品によります(私個人の感想です)。

原作の方が読み応えがある作品が多い印象です。

映画が面白かったから原作も読んでみようとか、原作は読んだけど、映画版はどうだろうという人、様々いるので、どう考えるかは個人の自由です。

経験上、原作の方が面白いという作品が多い印象です。

原作、映画どちらも見てみると、この監督って原作をこういう解釈で映画にするんだ、という違いも分かる、という楽しみ方もあります。

読書 ジャンルは何がいい

どれを読めばいいか、ジャンルに困る人はいるでしょう。

分かりやすい方法の一つとして、その時話題になっている本や、話題になっているドラマや映画などの原作を読んでみるという方法があります。

私の場合は興味あるジャンルが多すぎて困る方ですが、どのジャンルを読んでいいかわからないという人は、雑誌やテレビ、ネットで検索した情報を元にして探してみるという方法もあります。

読書 30分だけ読むのは

読書の所要時間は人それぞれ自由なので、全く問題ありません。

30分あれば、薄い本などは読破できるはずです。

そういうところで達成感を感じて、次から次へと読み進めてみるという方法もおすすめです。

読書 場所はどこがいいか

図書館は無音で集中できる場所なので、多くの人が利用しています。

レストランやファストフード店で読書している人も多く見かけます。

集中して読み進めることができる場所であれば、どこでもいいと思います。

読書 音楽を聴きながら読むのは

図書館やその他の場所で、イヤホンで音楽?を聴きながら読書している人も多く見かけます。

周りの人に迷惑をかけず、読書に集中できるのであれば問題ないでしょう。

読書 カフェで読むのは

カフェなどでコーヒーや紅茶などの軽食を取りながら、ゆっくりと読書の時間を楽しむのは最高です。

人の出入りなどが気にならないのであれば良いと思います。

雨の日などは特に集中できるのではないでしょうか。

読書 ノートを使う方法

読書しながら気になるところをメモするのは備忘録として利用できます。

読書をスムーズに進めるためのアプリなども、数多くリリースされています。

ノートよりはアプリの時代なので、アプリのメモ帳機能や気になる文章の部分を写真に撮るなど、スマホを有効に活用する方をおすすめします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
読書
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント