ドラム ペダルの使い方

スポンサーリンク
楽器

ドラム ペダルワークとは

スティックワークと同じくらい、ペラルワークも非常に重要です。

奏法も数多くあり、曲に合わせて変えたりします。

最低でもダブルで踏めるようになると、非常に役立ちます。

ドラム ペダル 練習 自宅でやる時は

ラバーパッドなどを使うとよいでしょう。

ベダルを使ってキックの練習をする時はいくらラバーパッドを使ったとしても、どうしても音が大きくなります。

ご家族が気にならなければいいのですが、あまり人がいない時に短時間で集中して練習するとよいでしょう。

ドラム ペダル セッティングのコツ

バスドラにしっかりと固定させることを意識することが大事です。

中途半端に固定してしまうと、練習はいいのですが、音合わせとか演奏中に外れてしまうと、演奏が途中で止まってしまうことがあります。

しっかりとペダルを踏める位置を決めて、バスドラに固定しましょう。

ドラム ペダル選びをどうするか

スティックと同じように、ペダルにも沢山の種類があります。

初心者はできるだけ安いもので構いません。

上達していくにつれて、経験を積んでいくにつれて、ペダル選びも慣れてきます。

まずはビーターができるだけスムーズに動かせるようなペダルを選ぶことをオススメします。

ドラム ペダルケースとは

スポンサーリンク

ペダルをそのまま持ち運ぶのは大変です。

ペダルケースがあれば非常に便利です。

購入時、ペダルケースに入れてもらえますが、自分で気に入ったものを使うのもよいと思います。

ドラム ペダル マットとは

ベダルをフローリングなどの床に、直にセッティングしてしまうと、床を傷つける可能性がとても高いです。

ドラムセット専用、ペダル専用のマットが市販されているので、必ず専用のマットを敷くようにしましょう。

ドラム ペダル 軽いのはどうなのか

ほとんどのペダルは軽くできていますが、中でも特に軽いものがあります。

ダブルやトリプルなど、キックの練習をする時は、跳ね返りがとても軽いということなので、非常に有効です。

ドラム ペダル ダブルを練習する時は

メトロノームアプリなどに合わせて練習すると非常に効果的です。

ダブルだけを単体でひたすら練習しても問題ありません。

一度スキルが身についてしまえば、いつでも演奏に応用可能です。

これはひたすら練習するしかありません。

ドラム ペダル 練習方法とは

ペダル練習用の教本も出ています。

ペダル、キックの練習方法も沢山あるので、ダブルも含めて、練習用の楽譜を見ながらひたすら練習あるのみです。

ドラム ペダル ツインペダルの練習

ツインペダルを上手に演奏するのは大変です。

早い曲や激しい曲などは、ツインペダルでの奏法が必要なものもあります。

練習用の譜面を見ながら、最初はゆっくり、時間、日にちをかけてじっくりとテンポアップしていくとよいでしょう。

メトロノームに合わせて、正確にリズムキープしながらペダルを交互に踏むのは、時間をかけた練習が重要です。

ドラム ペダル 消音の方法

打面をラバーパッドにするくらいです。

ベダルの練習はキックの練習です。

厚めのマットを敷いても、何をどうやっても一定の音と振動が出てしまいます。

自宅や周辺に人がいない時に、集中して練習するしかないかもしれません。

ドラム ペダル 値段の相場

安いものであれば数千円程度。

通常10000円前後が多いです。

高いものだと数万~数十万のものもあります。

ネットオークションで1000円以下のものも出品されていることもありますが、すぐ壊れる可能性は高いはずです。

何がいいのかわからないうちは、高くても1万円以内で十分練習可能です。

ドラム ペダル ロングボードのものとは

単純にボードが長いタイプのペダルになります。

長さがある分安定して踏めるというメリットがあります。

有名ドラマーの中には、複数のペダルをセッティングしていて、どうやって使うんだろう?と不思議に思うドラマーさんも沢山います。

プロの人達なので、当然使いこなせるからこそのセッティングと思われますが。

中には、要塞というか基地のような巨大なセッティングをしている人もいます。

凄い。。。の一言です。

趣味程度であれば、ロングボードは必要ないかと思いますが、安定したリズムキープを目指すのであれば、購入を検討してもいいかと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
楽器音楽
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント