ドラムセット 初心者の選び方

スポンサーリンク
楽器

ドラムセット 選び方とは

価格でいうと、アコースティックドラムのセットの方が、実は安いです。

生ドラムなので、当然凄い音がします。

もし仮に防音設備があったとしても、完全に音を抑えるのは困難です。

何より、防音設備が整っている場所は音楽スタジオくらいなもの。

そうなると、選択肢としてはどうしてもラバーパッドなどがついている練習用のドラムセットになります。

初心者のうちは、できるだけ安いもので問題ありません。

ただ単に、スキルアップするためだけのセットとして考えるとよいでしょう。

ドラムセット 値段の相場

アコースティックドラムセットで安いものだと、1万~2万くらいの価格帯のものもあります。

すでに書いた通り、購入するとしてもなかなか音を出す場所がない。

そうするとやはりラバーパッドでできた練習用のドラムセットになります。

練習用のセットも沢山ありますが、価格帯としては、安いものだと2万くらい。

価格が高ければ高いほど、セット内容も、タムが複数、フロアタムつき、シンバルも複数、固定するための枠組みもしっかりとしたタイプになります。

2~5万程度と考えてもよいかもしれません。

私自身、数年前に購入したローランドの電子ドラムを所有してます。

ヘッドがメッシュパッドで、ハイハットもシンバルもゴム製ですが、柔らかいゴムでできており、内蔵されているセンサーが音を拾うために、コントローラーにつなぐ端子がそれぞれのタムとシンバル、バスドラについています。

コントローラーに内蔵されているプログラムがかなりすごくて、色んな音を非常に細かく設定できるようになっている上、様々なジャンルのサンプル音楽を選択でき、音楽に合わせて練習できるシステムが設定されています。

当時の価格で25万位。

ここまで高額の電子ドラムを購入したのは初めてでしたが、高額のエレドラってすごいなと、ものすごく感じました。

ドラムセット 自宅練習用とは

ラバーパッドやメッシュパッドの練習用セットが一般的です。

セットする枠組みも、様々な種類があります。

掲載されている画像で、ほぼほぼ判断することになるので、画像をよく見て判断するとよいでしょう。

ドラムセット 配置を考える

スポンサーリンク

アコースティックドラムは全てのパーツが独立しているため、自由に配置することができますが、その分ベストな配置に悩むことも多いです。

一般的な配置で構いませんが、自分の叩きやすい配置でOKです。

ラバーパッドの練習用セットの場合、金属枠で固定されているので、それに沿っての配置しかできないため、非常に簡単です。

ドラムセット バスドラムの選び方

15インチや20インチなど、沢山の種類があります。

つまり大きさが違うということですが、小さいバスドラムは音が軽く、大きいバスドラムは音が重い。

チューニングにもよりますが、基本的にそのような違いです。

通常は15インチ程度ですが、通常のインチで十分に事足りるはずです。

デザインも様々な種類がありますが、これについては好みでOKです。

ドラムセット ハイハットの選び方

ハイハットシンバルも、様々な種類があります。

叩いてみたり閉じてみると音の違いが分かりますが、趣味で演奏する分には気になりません。

値段もピンキリですが、普通に演奏する分には通常サイズで大丈夫です。

ドラムセット 椅子の選び方

大体はこのような丸椅子です。

重要なのは高さの調節です。

簡単に高さ調節できるものがオススメです。

ドラムセット 防音グッズとは

防音効果を考えるなら、ドラム専用マットくらいです。

いくつか種類がありますが、効果としてはあまり差がありません。

ドラムセットケースとは

アコースティックドラムは、細かく分解できます。

タムやバスドラも、それぞれ専用のケースがあります。

沢山のケースが必要になりますが、これは仕方ないので、慣れるしかありません。

ドラムセット 持ち運びするには

ドラムセット専用のケースにそれぞれを入れます。

車輪付きの専用の台車があるので、積み重ねて持ち運ぶ人もいます。

電子ドラムでも可能です。

種類によっては沢山のコードなどを接続したりするので、これも慣れるしかないですね。

ドラムセット 安いものはどうなのか

初心者のうちは安いので十分スキルアップできます。

ある程度上達してきて、いろんなセットやアイテムを試していくにつれて、ドラムの見方が変化してきます。

上達度合いに応じて、ドラムセットも変えていくとよいでしょう。

まとめ

他の楽器と同じように、ドラムセットも沢山の種類があります。

バンドを組んだり、色々と経験していくと、ドラムセットの見方がどんどん広がっていきます。

演奏法も沢山あり、スキルアップは大変ですが、ある程度演奏できるようなると楽しくなって継続できます。

初心者の場合は、まずはスティックワークから少しずつやっていくとよいでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
楽器音楽
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント