弦の交換と演奏練習方法

スポンサーリンク
音楽

弦の交換

ギターを練習したい人は、弦の交換を覚えることが必須の条件です。

前の記事でもご説明した通り、弦は完全に消耗品。

練習を続けていると、必ず劣化、サビてきます。

音にも影響するため、必ず覚えましょう。

必要な用具は、ネックスタンド、ストリングワインダー(ペグを回す道具)、ニッパーです。

お好みによって潤滑剤、ストリングストレッチャーがあると便利です。

ネックスタンドがあれば便利ですが、なくても良いです。

ストリングワインダーは、あるのとないのとでは弦交換の所要時間がだいぶ変わります。

これはあった方が良いです。

最低限、ストリングワインダーとニッパーさえあればできます。

ストラトタイプの場合

ペグを回してゆるめます。

ストリングワインダーがあると、とっても便利。

弦をカット

ニッパーを使ってカットします。

弦をはずす

弦をはずします。

新しい弦を通す

新しい弦をブリッジに通します。

ペグに巻き付ける

画像のタイプはペグに差し込むタイプのペグですが、ペグに穴が空いていて、穴に通す方が多数です。

お好みの長さで調節してください。

スポンサーリンク

あとは片方の手で弦を押さえながら、ワインダーでペグに巻き付けていき、何周かある程度巻き付けたらニッパーでカット。

ストリングストレッチャーがあれば、新しい弦をストレッチできるので便利です。

チューニング

全ての弦をチューニングして、弦交換完了。

ここで注意するべきなのは、1弦と2弦のチューニングです。

特に注意するべきなのは、1弦です。

エクストラストリングスが一番柔らかい種類ですが、引っ張り過ぎると速攻切れたりして、1弦だけ再度張替え、なんてこともしょっちゅうあります。

1弦のチューニングは特に注意して行ってください。

今回はストラトタイプをご紹介しましたが、レスポールタイプも基本同じです。

ギターによってブリッジ、弦の差込み口の形が様々です。

形状をよく見た上で交換してください。

ストローク

演奏法ですが、一番簡単なのは、ダウンストローク、アップストロークです。

腕をただ上下にストロークするだけですが、リズムに合わせると結構難しい。

曲にもよるし、3拍子、4拍子かによっても違ってきます。

教則本を参考に練習

こういう表記のものや

こういう表記のものなど

教則本によっていろいろ違いがありますが、今はCD付の教則本が多数ありますし、You Tubeにも、そういう教則動画がたくさんアップされています。

私がギターを始めた頃、もはや2,30年前ですが、その当時が書籍のみでした笑

今の時代、教室などに通わなくても、CD付教則本が沢山あり、You Tubeにも動画がいっぱいあるので、独学には最適の状況ですね笑

演奏に必要な音楽理論なども、教則本にたくさん掲載されいるので、それらも是非参考にしながら練習してみてください^^

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
音楽
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント