google広告にアカウント作成

スポンサーリンク
アフィリエイト

google広告にアカウント作成

広告を作成投稿したら

ネット上に公開されてはいますが

アクセスはゼロの状態です。

アクセスを効率良く集めるために

google広告(旧googleアドワーズ)に

新規でアカウントを作成していきます。

googgle広告にアクセスし

アカウント名

自身のブログのURLなど

案内に沿って情報を入力していきます。

入力するべき設定項目はいろいろあって少し大変ですが

一度入力すれば

管理画面に簡単にログインできます。

PPC広告では

「キャンペーン」

「広告グループ」

「キーワード」

「広告文」

この4つの項目を設定すれば

広告の出稿完了となります。

キャンペーン

一つの広告につき

1キャンペーンという単位で作ります。

基本は商品またはサービス名ですが

出稿した日やどこのASPで取り扱っているかなど

ちょっとしたメモのような感じで使うこともできます。

一つのキャンペーンを作ったら

その下に

広告グループ

キーワード

広告文が入る

という形になります。

広告グループ

1キャンペーンを一つの大枠として

その下に相当数の広告グループというものを

作っていきます。

広告グループの数が多ければ多いほど

そのキャンペーンへのアクセスを集めることができます。

キーワード

検索エンジンで実際に検索されているキーワードを入力します。

自分で考えるようなキーワードでは

なかなかヒットしません。

googleが提供している

キーワードプランナー

とか

サジェストキーワード取得ツール

という

オンラインでキーワードを発掘できるサービスは沢山あります。

そこで抽出したキーワードを打ち込んでいきます。

実際に検索されているキーワードを拾ってくれる

素晴らしいツールになります。

広告文

キーワードが引っかかった時

ネット上に表示される広告文の設定です。

何をどう書けばいいのかわからない時は

取り扱う商品またはサービス名で

実際に検索してみると

需要が高い商品でしたら

スポンサーリンク

沢山広告が出稿されているはずなので

それらを参考に

文言を組み合わせたり

自分なりの表現で書けば

クリックされやすいです。

広告費投入

広告を出稿する準備が整ったら

googleに広告費を支払います。

管理画面右上にある

「ツールと設定」の項目をクリックすると

支払方法を編集できる画面に切り替わります。

基本的にはクレジットカード決済ですが

銀行振込

電子マネー

コンビニ決済など

複数の決済方法を選べます。

いづれかの方法で広告費を払えば

あとは広告が表示され

クリックされるのを待つのみ

売れるのを待つのみになります。

商品やサービスにもよりますが

売れる商品は、表示されて間もなく売れることもあります。

出稿して数日または数週間経ってから売れるものもあるし

表示回数が多くても

クリックされても全く売れないものもあります。

そういう広告は、出稿していても

広告費を無駄に浪費していくだけなので

頃合いをみて

キャンペーンそのものを削除したりすることも多々あります。

あとはチャージしている広告費の減り具合を見ながら

広告を作って出稿、作って出稿

という作業を繰り返していけば

どんどん売上があがっていく

という仕組みです。

もちろん

投入できる資金の額にもよりますが

広告費が多ければ多いほど

売れる確率は上がっていきます。

その辺のバランスが難しいところではありますが

継続していけば

黒字にさせていくことは可能です。

売上を上げたい

収入をもっと増やしたい

と思うのであれば

ひたすら作業して

広告を増やすのみです。

自粛していると

何もやることがなくて暇だーー

という人も多いかもしれませんが

その時間をアフィリエイト作業に充てて

収入を得ることができれば

最高ですよね。

このコロナの影響で

外出自粛、在宅ワークが推奨されている今の状況では

ネット環境さえ整っていれば

仕事として進めることができるので

副業在宅ワークの一つとしては

アフィリエイトはおすすめです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
アフィリエイト
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント