部屋の片付けをテキパキ進める方法

スポンサーリンク
掃除

部屋の片付けをテキパキ進める方法

部屋掃除をこまめに、定期的にやっていると、気分スッキリ、気分転換になり、運気も上がる、と言われています。

あんまり散らかり過ぎると、どこから手を付けていいかわからない、面倒くさくなってやらなくなる。

それが当たり前になると、ごちゃごちゃした部屋が普通になり、気分が落ち込み、運気も下がる。

これって実は本当のことで、部屋掃除と運気は実際に関係します。

この記事では、散らかっている部屋を、どう片付ければ整頓できるかをご紹介します。

目につくものから始める

まずは、目の前にある小物でも何でもいいので、とにかく手をつけ、片付ける

散らかり過ぎてどれから手をつけたらいいかわからない場合、これが一番の基本です。

めんどくさいかとは思いますが、まず行動してみましょう。

目の前の小物でも何でも良いので、目の前からその周辺まで、必要なものは種類に分けてまとめ、不要なものは捨てる。

これを続けていると、段々と手が止まらなくなります。

散らかしている分、ホコリも凄い量になるので、窓は開けておきましょう。

スポンサーリンク

迷ったら捨てる

片付けを進めていて、これは使うかな、捨てるのもったいない、いつか使うかもしれない、と、迷うものも多いと思います。

迷ったら容赦なく捨てる!

断捨離で一番重要な考えです。

捨てるかどうか迷った時点で捨てた方が良いでしょう。

それ以降使わない確率は非常に高いからです。

綺麗に片付くまで片付ける

あまりにも散らかっているようであれば、それだけ時間がかかります。

片付ける度合いを見て、何日かに分けて片付けるのも良いですが、できるだけその時間で一気に片付けてしまいましょう。

その後のスッキリ感と達成感がものすごいのです^^

片付けたあと、掃除機をしっかりかけましょう。

定期的に掃除する

一度スッキリ綺麗に片付けても、日にちが経ってくるとどうしても散らかってきます。

2,3日に1回、最低でも週一回くらいのペースで掃除した方が、綺麗な部屋を保てます。

こまめに掃除片付けをやっていれば、掃除片付けの時間を少なくできて、時短にもつながります。

まとめ

どんなに散らかっていたとしても、まずは目の前にあるものを少しづつ整理していけば、必ず進めていけます。

捨てるかどうか迷ったら、とにかく捨てる。

思い切った断捨離をしたほうが、よりしっかりとした整理整頓になります。

是非参考になさってください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
掃除
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント