ひとり 旅 おすすめの交通手段

スポンサーリンク
旅行

ひとり 旅 おすすめの交通手段

ここ数年、ひとり旅をする人がかなり増えてきました。

国内、海外ともに、ひとり旅用のツアープランを用意している旅行会社もだいぶ増えてきました。

この記事では、ひとり旅のためのお得な交通手段についてご紹介します。

design illustration travel preparation with sedan

自家用車またはレンタカーがありますね。

自分の好きなようにどこへでも移動できますが、ひとり旅をする上では、大変かもしれません。

県外へ車旅をすると、自分一人だけなので、疲れたらすぐ休む方が安全運転ですが、しょっちゅう休んでいると、目的地に行くまで時間がかかる。

高速だと早いですが、ノロノロ超安全運転の車、めっちゃぶっ飛ばしている車、一定の速度をキープしている車など、いろいろあります。

そういうところに気を使って走らなければならないので、運転が好きな人、あまり苦にならないという人は問題ありませんが、運転が疲れるという人は、電車やバスなど、公共の交通機関が無難です。

電車

普通、快速、急行、特急、新幹線などがあります。

急行までなら普通運賃なので、急いでない、時間があるなら普通でゆっくり時間をかけて旅を楽しめます。

一番の魅力は安いこと。

電車旅が好きな人にはオススメです。

サッサと目的地へ行って観光したいのであれば、お金はかかりますが、特急や新幹線で行けば早いですね。

バス

遠出するなら高速バス。

目的地で観光するなら路線バス。

路線バスを乗り継いで遠出する人もいるとは思いますが、遠出で運賃を節約するなら高速バスがオススメです。

最近だと高速バス路線もかなり多くなってきて、色々な所へ低料金で行きやすくなっています。

夜間の高速バスであれば、低料金でかなりの距離を移動できます。

ただし、運賃が安い分、ものすごい時間がかかります。

バスの座席なので、当然ですが、寝心地も良くない。

新幹線に比べれば半分以下に抑えることができるので、交通費の節約には最高の手段。

ネットで予約できて、一ヶ月前など、とにかく早めに予約すれば、早割で非常に安く済ませることもできます。

スポンサーリンク

レンタルバイク

目的地近くまで電車または高速バスで行って、そこからはレンタルバイクという方法もあります。

原付から自動2輪、400cc以上の大型もあります。

ヘルメットやジャケットも含め、全部セットでレンタルしてくれるお店もあります。

広い観光地を路線バスで回るのは、時間を気にする必要がありますが、普通免許があれば原付がレンタルできるので、一人であれば色々と行きやすいのではないでしょうか。

レンタルサイクル

数ある観光地のサイトを、レンタルサイクルで検索してみると、意外と沢山あります。

サイクリングで観光スポットを楽しむ人が非常に多いと言えます。

仙台、東京、大阪、名古屋、福岡などの大都市では、レンタルサイクルがオススメです。

最近だと、シェアサイクルといって、サイクルポートいう場所に、シェアサイクルが数台用意されています。

東京や仙台などでは、市街地に数多く点在しています。

シェアサイクルを提供しているサイトに登録、メールアドレス、ID,パスワード、クレジットカードなど必要な情報を入力すると、サイクルポートの自転車をレンタルすることが可能。

サイトに登録後、スマホで現在地から最寄りのポートを選びます。

サイトから希望の自転車を開錠しているので、20分以内に取りにきてくださいという案内がきます。

ポートから取り出して、自由に利用します。

目的地近くのサイクルポートに返せばOKという、非常に簡単で素晴らしいサービスです。

貸し出しているお店に、営業時間内にわざわざ返しに行かなくても良いというメリットがあります。

1時間2~300円程度でレンタルできます。

現金決済はありません。

クレジットカード決済のみになりますので、ご注意ください。

電車とバスを使いこなす

地方都市は車社会なので、車がないと日常生活が困難なので、車は必須。強制的に運転することになります。

長距離運転による疲労度が半端ないので、県外に行く時は、自家用車では行きません。

県外などに遠出する時は、まず新幹線または高速バスで目的地近くの県庁所在地へ行きます。

そこから先は、目的地のアクセスの発達度合いで検討します。

目的地のアクセス状況により、路線バスかレンタルサイクルを検索して利用します。

まとめ

目的地に早く着きたいのであれば、新幹線。

もっと遠いところだと、飛行機の国内線ですかね。

最終的には、時間をとるかお金をとるか、ということになります。

お金をかければ速く、楽に行けます。

できるだけ節約したいのであれば、車、普通電車、バス、レンタルサイクルなどを組み合わせれば、当然時間はかかりますが、極力費用を抑えて旅行を楽しむことができます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
旅行
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント