最新iphone 厳選便利ワザ(3)

スポンサーリンク
スマホ

超広角レンズで広範囲をキレイに撮るワザ

話題の「三眼レンズ」はダテじゃなかった。

超広角レンズだけでも11は買う価値アリ

iphone 11シリーズのメインカメラには、13mmの超広角レンズカメラが搭載され、これまで入りきらなかった風景を1枚に収められるようになった。

また、「三眼レンズ」で話題になっているが、11 Proには望遠レンズも搭載。

光学で2倍、デジタルで10倍までのズームを実現している。

ただし、11でも5倍までのデジタルズームは可能。

また、フロントカメラも進化しており、画素数が全モデルの700万画素から1200万画素にアップ。

広角撮影も可能で、iphoneを横向きにするか、縦向きにするかで自動切換えしてくれるのも便利。

「ポートレートモード」には、ハイキー設定が追加され、背景を消してスタジオ撮影風に可能することもできる。

スポンサーリンク

超広角カメラは、他社製品と比べても圧倒的。

ただし、超広角カメラは夜景撮影に若干弱く、ノイズが出たり、してしまうこともあるので、「Camera+2」のような、マニュアル撮影(ピントや明るさを手動で調節する)ができるアプリを使うと、よりキレイに撮れる。

Camera+2

インカメラでも広角撮影ができる

インカメラで広角撮影をしたい場合は、iphoneを横向きにするだけでOK。

より広範囲を撮影できるので、背景を見せたい場面や、大勢で撮影する際に便利。

ただし、フレームの端の方は歪みがあるので、なるべく中央に固まって撮るのがオススメ。

縦向きか横向きかで撮れる範囲が変わる

横にするだけで広い範囲が写る

縦向き(通常撮影)と横向き(広角撮影)で写る範囲がかなり変わる。

なお、画面に表示される「矢印」アイコンで手動で変更することも可能。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント