最新iphone 厳選便利ワザ(5)

スポンサーリンク
iphone

アプリやサイトのサインインはApple IDで超ラクに管理

簡単&安全なサインインの方法

メアドの登録が不要に

iOS 13ではApple IDを利用してアプリやwebサービスへのサインインができる「Appleでサインイン」機能が利用可能に。

アップルが作成したランダムなメールアドレスでアカウント登録ができるので、情報流失などのリスクがかなり減る。

管理も「設定」でできる

1,「Appleでサインイン」を選択

対応するアプリを開いた時、「Appleでサインイン」を選択。

次の画面で「続ける」をタップ。

2,アカウントを作成する

一切の入力なしでアカウントが作れる

アカウント情報の設定画面で「メールを非公開」を選択すると、Appleが作成したランダムなメールアドレスが登録される。

あとはFace IDなどで認証すれば設定完了。

スポンサーリンク

データ通信 ギガ不足の悩みは「省データモード」で解決

今月もYou Tubeを観すぎちゃった。。。なんて心配をする必要がなくなる

機能を制限してデータ通信を抑える

YouTubeなどを観すぎてしまい、速度制限に悩んでいる人も多いはず。

そんな時に活用したい新機能が「省データモード」。

オンにすると、一部機能が自動でオフになり、通信量を抑えることができる。

省データモード時の主な制限

1,写真などがiCloudと同期されなくなる

2,自動ダウンロードと自動バックアップが停止

3,「Appのバックグラウンド更新」がオフになる

4,PodCastの自動ダウンロードが一時停止

モバイルデータ通信時の設定

通常のモバイルデータ通信時に省データモードを利用する場合は、設定の「モバイル通信」→「通話のオプション」をタップし、「省データモード」をオンにする。

Wi-Fi接続時に設定を変更する

節電対策など、Wi-Fi接続時に省データモードを利用する場合は、Wi-Fi設定で接続中のWi-Fi名の横にある「i」アイコンをタップし、「省データモード」をオンにする。

スポンサーリンク

コメント