最新iphone 厳選便利ワザ(7)

スポンサーリンク
iphone

ペアレンタルコントロール 子供用iphoneの必須管理設定がコレ

子供にそのまま使わせるのはNG

アプリの購入や課金などの使いすぎを防止する

子供用のiphoneを購入したら必ず設定しておきたいのが「ペアレンタルコントロール」。

「スクリーンタイム」で子供がどのようにiphoneを使っているかをチェックしたり、使用時間を制限したりできる。

ただし、13歳未満の場合、Apple IDを作成することができないので、親のアカウントに紐づいたIDを作成しておくと便利。

設定で自分のアカウント名をタップし、「ファミリー共有を設定」を選択。

共有項目が表示されるので、「iTunes&App Storeの購入」を選択し、あとは画面の指示に従って支払方法などを設定する。

設定が完了すると「ファミリー共有を設定」の部分が「ファミリー共有」に代わるのでタップし、「ファミリーメンバーを追加」→「お子様用のアカウントを作成」で子供用のApple IDを作成する。

スクリーンタイムで使いすぎを防ぐ

1,スクリーンタイムを有効にする

「ファミリー共有」画面で「スクリーンタイム」をタップし、制限をかけたい子供のアカウントを選択して「スクリーンタイムをオンにする」→「「続ける」をタップする。

2,休止時間とアプリの制限を設定

iphoneを使えなくする時間を設定し、「休止時間を設定」をタップ。

次に制限したいアプリのジャンルを選択して時間を設定し、「App使用時間の制限」をタップする。

スポンサーリンク

アプリの課金や有害サイトを防ぐ

1,アプリの課金を制限する

子供のiphoneの設定アプリで「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」をタップし、「iTunesおよびApp Storeでの購入」→「App内課金」→「許可しない」を選択。

2,有害サイトを制限する

「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」をタップし、「コンテンツ制限」→「Webコンテンツ」をタップ。

次の画面で「成人向けWebサイトを制限」をタップしてチェックを入れれば、閲覧できるサイトを制限できる。

「Apple Arcade」なら月額600円で遊び放題

スマホゲーム好きには外せない

Appleのゲームサブスクが登場

「Apple Arcade」はゲームの定額サービス。

月額600円で100タイトル以上のゲームを無制限で楽しむことができる。

なかには「チームソニックレーシング」などの有名作品もある上に、1ヶ月間は無料体験ができるので、ゲーム好きなら是非オススメのサービス。

1,無料体験を申し込む

「Apple Store」アプリを開き、画面下の「Arcade」→「無料で体験する」をタップ。

月額料金などの確認をしたら、「承認」をタップして、Apple IDのパスワードを入力する。

2,Arcadeからゲームを入手

「Arcade」画面でインストールしたゲームの横にある「入手」をタップ。

アプリのインストールが開始されるので、インストールされたらホーム画面からゲームを開いて楽しめる。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
iphoneスマホ
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント