iPhoneの音楽データを保存、再生する方法

スポンサーリンク
iphone

iphone 音楽データ パソコンからやるには

itunesから行うととても簡単にできます。

iphoneにitunesアプリを入れて、USBでつなぎ、パソコンと同期します。

もちろん必ずしもitunesを使わなければならないということは一切ありません。

他の音楽アプリを利用しても、音楽データのやりとりができるので、自分がやりやすいのであれば、どのやり方でもOKです。

iphone 音楽データ 再生するには

どの音楽データを再生するにしても、音楽データを再生するためのアプリが必要です。

再生アプリは沢山あるので、いろいろと試して使ってみるとよいでしょう。

itunes 音楽データ iphoneで聴く方法

パソコンがあればUSBでつなげることで、簡単に音楽データのやりとりができます。

一つ注意するべきこととして、itunesのデータは定期的に更新されます。

iphoneのプログラムも案内に沿って定期的に更新してないと、今まで保存してきたデータが全て消えてしまう可能性もあります。

iphoneの更新プログラムの案内が来たら、定期的に更新するようにしましょう。

itunesの音楽データはmp3またはACC形式であることが多いです。

音楽アプリによっては認識しないアプリもあるので、インストールする前に、読み込める拡張子を確認しておいた方がいいこともあります。

iphone 機種変更 音楽データを移行するには

スポンサーリンク

iphoneを機種変更した時は、前のiphoneから音楽データを引き継ぐための作業が必要です。

itunesにデータが入っていれば、とても簡単に引き継ぐことができます。

itunes以外のアプリを使っている時は、元の音楽データがどのファイルに入っているか確認しておく必要があります。

機種変更時に様々なデータを引き継ぐための専用のアプリがあるので、利用してみるとよいでしょう。

引き続き聴きたい音楽データは、機種変更などの時にかかわらず、USBメモリやパソコンのHDD、外付けHDDなどに、定期的にバックアップしておくと安心です。

引き継ぎ作業がうまくいかない場合でも、一曲ずつ手作業でデータ移行していくという方法もあります。

iphone 音楽データ sdカードでやりとりするには

iphoneでSDカードを使用して音楽データを引き継ぐ時は、SDカードを読み込む専用アダプタが必要です。

様々な種類があるので、iphoneに対応可能なアダプタを購入しておきましょう。

専用アダプタを手に入れても、iphoneに認識させるための専用アプリが必要です。

こういったアプリも沢山リリースされているので、いくつかインストールして試してみるとよいでしょう。

専用アダプタのパッケージに、専用アプリを読み込むためのQRコードなどが記載されていることもあります。

そういう時は、パッケージの案内に沿ってダウンロード、インストールして、アプリを起動、SDカードを差し込めば、音楽データのやりとりが可能です。

iphone 音楽データ 移行するには

USBで直接やりとりする方法、クラウド上に音楽データをアップしておいて、アプリを使ってデータ移行するなど、様々なやり方があります。

iphone用のUSBメモリとしてはこのような種類のメモリがあります。

電源ポートに差し込むだけでやりとりできるので簡単です。

メモリにUSB端子がそのままついているので、パソコンのUSBにつなぐだけで読み取れます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
iphoneアプリパソコン
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント