自 営業 と はどんな仕事か

スポンサーリンク
自営業

自 営業 と はどんな仕事内容なのか

自営業とは、個人事業主として、事業を行うという業種です。

どのような事業内容であれ、税務署、各市町村に事業開始届を提出すれば、自営業となります。

サラリーマン、普通の会社員であれば、会社に勤務して給料を貰って仕事をこなすだけですが、自営業は全く違います。

販路拡大、売上、経費を考え、資金繰り、確定申告も何もかも全て自分自身で行います。

自営業を始めるために必要なこと

事業を起こす、起業するということになります。

どんな商品、どんなサービスを扱う事業かを決める必要があります。

取り扱うものを決めたら、資金を調達。

税務署、各市町村に事業開始届、青色申告開始届提出。

お店をやるなら、テナント、自宅改装等。

準備ができたら開業。

集客、顧客管理、販路拡大、売上、経費などの収支管理、帳簿管理等は全て自分で管理。

スポンサーリンク

大体こんな流れになります。

集客

どんな業種であれ、顧客がいなけば商売が成り立ちません。

扱う商品やサービスにもよりますが、ただ待っているだけでは大変です。

知人からの紹介、ホームページを立ち上げたり、SNSで情報発信したり、チラシを作って配布したり、方法は色々あります。

顧客管理

集客がある程度できるようになったら、離脱しないように名簿などで管理した方が良いです。

飲食店は味が勝負なので、顧客に気に入ってもらえれば、自然とリピーターになってくれますが、他の業種だとそうはいきません。

今のネット社会では、住所よりメールアドレスまたはLINEなので、ハガキでのDMよりはかなり送りやすくなっています。

そういう意味では、顧客管理はかなり楽になってきていますね。

売上、経費の管理

日々の売上管理、出費、経費の管理、帳簿管理はとても重要です。

帳簿のつけ方や経費を抑える方法などがわからないままに、いわゆるどんぶり勘定でやってしまうと、あとから税金などでとんでもなく苦労することになります。

もし帳簿や資金管理の方法がわからないのであれば、それらを勉強してから起業することをオススメします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
自営業
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント