キーボードの保護

スポンサーリンク
パソコン

キーボードの保護

ノートパソコン、デスクトップパソコンどちらにしても、キーボードを長期間使用していると、どうしても手汗やホコリがついてきて、ベタベタ、ホコリっぽくなってきます。

定期的に拭いたり、消毒していけばそれなりに清潔さは保てるはずですが、そうは言ってもなかなかキーボードを掃除する気にはならないかもしれません。

そんな人には、キーボード保護シートをオススメします。

保護シート

家電量販店には、様々な種類の保護シートが並んでいます。

保護シートなので、高額でも数千円程度。

5000円まではいかないのが相場です。

しかしこのシート、結構使えます。

以前ノートパソコンを使っていた時、誤って液体をキーボードにこぼしたことがあります。

こぼしたては普通に作動していたのですが、時間が経つにつれ、ボタンの隙間から液体が浸透。

結局PCが作動しなくなり、壊れました泣

その当時は保護シートなんて情報も知らず、考えたこともありません。

スポンサーリンク

家電量販店でたまたま保護シートを見かけ、これはイイ!と購入し、次のPCのキーボードに貼り付けてみました。

これももちろん消耗品ですが、長期間使用していて、かなり汚くなったため、交換してみました。

保護シートをはずすと、当然ですが、キーボードは新品同様ピカピカ。

保護シートの役割のすごさを実感した時でした。

PCの種類によりますが、キーボードの横幅、縦幅がどのくらいかで違ってきます。

とはいえ、大体の規格は決まっているので、大きめのシートを購入しておいて、自分のPCに合わせてカットできるものもあるので、家電量販店で商品パッケージをよく確認して購入することをオススメします。

任意でカットできるものであれば、PCのキーボードの幅に合わせて、自由にできるので、複数個購入しておくと良いですね。

気になるほど汚くなっても、キープがあれば安心です。

ティッシュやトイレットペーパーなどと同じような考えです。

ティッシュやトイレットペーパーに比べれば、はるかに使用頻度が少ない物ですが、仕事や勉強、レポートなどでよく使う人であれば、ストックがあれば助かるものです。

商品にもよりますが、伸縮性のある保護シートが多数なので、自由にカットできます。

自分のPCなので、外れないようにテープでいくらでも固定できるので、オススメです。

私の場合はキーボードの範囲一杯に敷き詰めて、両面テープで固定しています。

テープのあとが付いたりしますが、自分だけのPCなので、全く気になりません笑

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント