温泉とサウナ

スポンサーリンク
温泉とサウナ

温泉とサウナ

温泉が好きな人は多いと思いますが

私もその一人です。

温泉とサウナが好きです。

というか、サウナと水風呂がセットになっている温泉が好き

というべきでしょうか。

全ては汗をかいて水分をできるだけとばし

脱水に近くしたところで

晩酌、ビール類をグイグイ飲む

これが最高に至福の瞬間です^^

サウナの広さ

温泉そのものの広さは多少気にしますが

サウナ室の広さは結構気になります。

近所にあってよく行くのは

スーパー銭湯みたいな感じで

天然温泉ではありません。

天然温泉でなくても

内湯、サウナ、水風呂が全体的に広くて

のびのびと入浴できます。

何より、サウナがものすごく広い!

ざっと見回しても

おそらく20畳くらいは余裕でありそうな広さなのです。

水風呂もかなり広く

7,8人同時に入れるくらいの広さ。

近場に温泉が結構ある地域なので

大体行ってみましたが、

ほとんどは数人入って一杯一杯くらい

水風呂については

ないところはない。

あるところは

施設によって広さが様々ですが

1~2人くらいで限界の広さです。

やはり広いと伸び伸びとくつろげますね。

サウナと水風呂を

通常だと、大体2往復して

全身洗って終了です。

お湯の温度

大体の温泉は

せいぜい41,2℃程度ですかね。

施設によっては

ぬる湯として、35度程度の温度で

スポンサーリンク

ゆっくり長時間浸かっている人を見かけます。

逆に、あつ湯として43℃程度の温泉も

施設によってはたまに見かけます。

温まるのは良いのですが

夏の凄まじい酷暑の中では

あまり入る気持ちが起きないですね笑

真冬の東北の鬼のような凄まじい寒さの時期であれば

最高に温まるので

毎日のように入りたいですね。

お風呂の種類

これはいわゆる炭酸泉とか

泡風呂、電気風呂、寝湯、露天風呂

という区分けの種類としての項目で書きました。

CMとか街中の看板でも

よく目にするのは

炭酸泉ですかね。

微炭酸、高炭酸などありますが

私はこの種類苦手です(;’∀’)

何度か入ったことがありますが

皮膚がピリピリチクチクして

とても耐えられなかった。

1分もかからず上がってしまいました汗

電気風呂も全く同じ。

泡風呂やジェットバスもありますが

私の場合、こういう種類は血行が良くなるどころか

むしろ良くなりすぎて

ジェットを浴びて間もなく皮膚がかゆくなり

やはり速攻上がっちゃいました汗

好きな人は好きで

これらの種類にずっと入っている人も

よく見かけます。

これはもう、その人それぞれの

好みの問題ですね。

入浴前に体調を整える

私はお酒が大好きな酒飲みなので

飲む前に水分を流すために温泉に行きますが

入る前の体調にも気を使います。

サウナと水風呂数回往復すると

自然に代謝が上がり

割と早く空腹になります。

あまりに空腹すぎると

汗を流しに行くのもつらくなり

飲む方を優先します。

全ては夜の晩酌のため笑

そこまでして飲みたいか?

というツッコミが来そうですが

本業とアフィリエイトのダブルワークで

疲労は溜まります。

社会人の酒飲みは大体同じかと思うのですが

飲まなきゃやってらんない笑

当院を利用していただいている

患者さんの皆様も

年配の方は、ほとんどそのように話されます。

晩酌までに

いかにうまくちょうど良い空腹状態にさせるか

昼食の量にもよりますが

楽しい美味しい晩酌にするためにも

体調を整えるのは大切です笑

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
温泉とサウナ
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント