ブルーレイ dvd 録画番組の保存方法

スポンサーリンク
ブルーレイ dvd レコーダー

ダビングとデータ移行の違い

録画した番組を保存する時、いくつかの方法があります。

ダビング

DVD-RやBD-Rなどのデータディスクへ保存するのがダビング。

ダビングした番組データは本体のHDDにそのまま入っています。

データ移行

DVD-RやBD-Rなどのデータディスクへ、番組データをそっくりそのまま移動させるのがデータ移行です。

この場合、本体HDDのデータは削除されます。

対応機種による違い

DVD-R、BD-Rへのダビング、データ移行、旧機種から新規購入機種へのダビング、データ移行、どちらにしても、機種によってできる機種とできない機種があります。

外付けHDDへダビング

スポンサーリンク

今はどの機種でもUSBポートがついています。

外付けHDDをつなげば、本体側で認識され、ダビングやデータ移行ができます。

外付けHDDへのダビングについては、機種によってかなり差があります。

説明書や各メーカーのHPで必ず確認してから行うことをオススメします。

SDカード対応機種

USBと同様に、どの機種でもSDカード用のスロットがついています。

SDカードの場合、デジカメなどのデータを保存するものですが、SDカードからのデータ読み込みならできるようです。

ダビングについては、大容量のSDカードであっても認識されないかもしれません。

私の所有している旧機種、中古ですが新しく購入した機種ともに、SDカードへのダビングはできませんでした。

androidのデータ保存用として使っていたマイクロSDカードですが、アダプターにつけてカードスロットに入れても、認識されませんでした。

この経験から、ブルーレイレコーダーのSDカードは読み込み専用としての存在かと思われます。

他の高額な機種であれば、認識されてダビング可能な機種もあるかもしれませんね。

他の機能であっても、試してみたら読み込める機能や、使える機能もあると思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
ブルーレイ dvd レコーダー
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント