中古 ノート pc 選び方のコツ

スポンサーリンク
パソコン

中古 ノート pc 選び方のコツ

中古のノートPCは沢山あります。

沢山ある分、機能、価格もピンキリです。

この記事では、安くても機能、スペックが良いものの選び方のコツをご紹介します。

店頭とネット通販の違い

大手家電量販店では、中古PCを置いてません。

中古PCは種類が本当にピンキリで、中のデータの状態、スペックも様々なので、故障のリスクが非常に高い。

店頭に中古PCを置くと、新品に比べて格段に安いため、売れるのは売れるのですが、物によってはすぐに不具合が出る可能性が高く、いくらサポートを厚くしてもキリがないのです。

お店の評判にも大いに関わってくるため、店頭には置けません。

中古PCが家電量販店にないのはその理由と思って間違いないと思います。

ネット通販では、全国の中古ショップが出品していて、元のユーザーがどういう使い方をしているのかは当然全くわかりません。

販売する用にデータ消去したり、クリーニングしたりは当然していますが、スペックが実に様々なので、価格もピンキリなのです。

安さを追求するのであれば、間違いなくネット通販ですね。

価格帯

中古ノートPCは、価格帯もピンキリです。

安さを追求するのであれば、中には1万円を切るものもあります。

スポンサーリンク

その場合、windowsXP、7,8.1等、windows10以外で、すでにサポートが終了しているOSである可能性も大いにあります。

商品詳細をよく読んで検討した方がいいです。

価格表示でいうと、商品画面に表示されている価格は、あくまでも最低限の本体価格。

これに送料、手数料がプラスになるので、表示価格+1000円~2000円程度と思った方が良いでしょう。

出品しているお店が関東、中部、九州なんていう場合も結構あります。

そこから送料を考えると、そのくらいは必要かなと考えられますね。

ディスプレイの大きさ

宣伝文字でよく書いてますが、12インチ、13.5インチ、14インチというのは、ディスプレイの大きさです。

大きいディスプレイのものは、安いものが多い。

ディスプレイが大きくても、スペックの高いタイプであれば、当然高額です。

小さいコンパクトタイプは、持ち運びに便利なため、高額になります。

画面の見やすさであれば、やはり大きい方が見やすいと思います。

使いやすさと好みによって選んでも良いでしょう。

キーボード

通常のキーボードはテンキーがありません。

気にならない人は問題ありませんが、使い方によって、数字を打ち込むことが多い場合、テンキーは重要です。

外付けのテンキーも沢山あるので、USBポートからつないで使う方法もあります。

本体の大きさ

商品写真で大体把握できます。

全体的に大きいまたは持ち運ぶのに大変な厚いタイプのノートPCもあります。

これも、価格と使い方によって選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
パソコン
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント