ドラム スネアドラムの使い方

スポンサーリンク
楽器

ドラム スネア 価格とは

スネアの価格は、新品か中古かにより大きく変わります。

新品でも中古でも、相場としては安くても1万~2万円程度。

高いものだと、数万~数十万は普通であり、ピンキリです。

ドラム スネア 高さの調節

ボトムの厚さにもよりますが、高さについてはいつも悩むところです。

低すぎても高すぎても叩きにくい。

高さについて、人それぞれ体格が違うので、体格と叩きやすさに合う位置を考えたいところです。

ドラム スネアだけを購入するのは

問題ありません。

練習に使う際の音楽スタジオによっては、相当くたびれているスネアが置かれているところも少なくありません。

もちろんタムも同時にくたびれていることも多いですが、マイスネアだけでも所有しているという人は多いです。

力任せに叩きまくるパワードラムの人も多いですが、つまりヘッドが破れやすくなる可能性が高い。

マイスネアだけでも購入しておくとよいでしょう。

ドラム スネア フープの役割

ヘッドを固定する部品であり、リムショットで音を出す重要な部品です。

ジャズ系では、繊細な音が重要になるため、フープを使うシチュエーションはとても多いです。

ドラム スネア セッティングのやり方

股の間にセットします。

スネアを基に、バスドラ、タム、フロアタム、ハイハット、シンバル類の位置を整えます。

スネアの位置が決まったら、スネアスタンドの高さ調節をします。

ロック、ポップスはそのままで使用しますが、ジャズ系の場合、ヘッドにフープを置いたり、ガムテープを張ったりして音を整えたりします。

ドラム スネア チューニング方法とは

周りにある複数のボルトとラグを、チューニングキーを使って回して、閉めたり緩めたりして行います。

スナッピーなども含めて全体を調節します。

音階がないので、叩いてみての感覚で調節します。

ドラム スネア 足の位置

スネアを叩くのに苦にならない位置に調整します。

自分が演奏しやすい位置で構いません。

ドラム スネアスタンド 高さの設定

これも結構悩むところです。

音楽スタジオに置いてあるスタンドも様々な種類があり、調節のやり方も違います。

スポンサーリンク

チューニングキーを使わないと調節できないスタンドもあるので、チューニングキーは常に持ち歩くにしましょう。

座って叩いてみて、高さ調節してみての繰り返しで、ベストポジションを探しましょう。

ドラム スネア スタンドは何がいい

沢山の種類があるので、何とも言えないのですが、高さや角度を簡単に調節できるスタンドがオススメです。

スタジオを借りて練習する時は、時間が限られます。

楽器のセッティングをしてからの音合わせになりますが、セッティングに時間がかかると、音合わせや曲の練習時間が少なくなります。

できるだけ早めにセッティングできるようなスタンドだといいですね。

ドラム スネア ハイハットとの位置

これもセッティング時悩むところです。

試奏してみての感じで、自分が演奏しやすいところを微調整します。

あとは個人の感覚です。

ドラム スネア ペダルとの位置

バスドラの音は重要です。

ベダルを踏んでみての感覚で、音を出しやすい位置に調節するとよいでしょう。

ドラム スネア リムショットとは

このような種類の叩き方のことを言います。

こちらはクローズドリムショットですが、スティックコントロールと音のコントロールがしやすいため、この奏法がよく使われます。

ドラム スネア ロールを練習するには

ロールは繊細なスティックコントロールが必要なので、ひたすら練習して、手で覚えるしかありません。

ドラム スネアケースとは

一例ですが、このような種類があります。

楽器屋さんでも通販でも、どちらでも購入可能です。

ドラム スネア ボトムの選び方

浅いボトムから深いボトムまで、様々な種類があります。

音もそれぞれ違うので、叩いてみて音の感覚を聴いてみてから選ぶとよいでしょう。

ボトムの柄も様々ですが、これは好みの問題なので、好きなデザインでOKです。

ドラム スネア ヘッドを交換するには

交換したいヘッドのラグを全て取り外すことで、交換できます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
楽器音楽
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント