スマホ バッテリー 充電する方法

スポンサーリンク
iphone

スマホ バッテリー 充電 方法とは

スマホのバッテリーを充電する方法として、スマホ本体を購入した時に付属品でついてくる充電器があります。

常に持ち歩いているとよいのですが、知らないうちに落としたり、外出先に置きっぱなしで忘れていてそのままだったり、気付いたら紛失していたということもあるでしょう。

家電量販店に行けば、沢山の種類の充電器が市販されています。

充電器が1つだけだと、いざ紛失したとき非常に困るので、2個以上の複数個持っていると安心です。

スマホ バッテリー iphoneのものとは

iphoneとandoridは接続端子の形状が違います。

iphone専用のバッテリーがあるので、それを使います。

スマホ バッテリー 交換は

スマホのバッテリーは単体で購入することができ、交換もできます。

通販でしか購入できない可能性があります。

ただし、精密機械なので、交換は慎重な作業が必要です。

スマホ バッテリー 交換するには

バッテリー交換用のキットが市販されているので、自分でもできないことはないのですが、あまりおすすめしません。

スマホの内部は精密機械なので、素人判断でいじってしまうと、起動しない、液晶が映らないなど、不具合が発生する可能性が高くなります。

専門業者に依頼する方が確実です。

スマホ バッテリー温度はどうなる

アプリの長時間使用、動画の長時間視聴時などは、電力を急激に消耗するため、熱くなります。

充電時は、電力チャージしているため、熱くなります。

逆に冬季の特に寒い日、寒いところにいる時などは、起動時よりも電力消費が激しくなります。

電子機器系は寒さに弱いのが特徴です。

スマホ バッテリー 交換 店でやってもらうのは

非常に有効な方法です。

スマホの内部は精密機械なので、素人が下手にいじると、様々な不具合が生じやすく、故障させる可能性が高くなります。

業者さんであれば、専用機器を揃えているのと、内部構造に詳しいので、不具合を起こさずに交換してもらうことができます。

スポンサーリンク

スマホ バッテリー状態をチェックするには

「設定」を開いて、「バッテリー」の項目を開くと確認できます。

バッテリーが現在どのような状態か、どのアプリが電力を消耗させているかもチェックできます。

スマホ バッテリーがすぐなくなるのは

電力消費が最も大きいのは、画面の明るさを最大に設定している状態で、様々なアプリを起動させていたり、動画を長時間見たりすることです。

明るさ調節をしていたとしても、アプリを起動させ続けていたり、動画の長時間視聴なども同様に電力の大量消費になりやすいです。

どのように調節したとしても、バッテリーの消費が早い時があります。

スマホ端末を何年使用しているかによりますが、数年単位で使用している時は、バッテリーが劣化している可能性の方が高いです。

業者さんに交換してもらうことをおすすめします。

スマホ バッテリー 長持ちさせるには

スマホのバッテリーは長持ちしないのが普通ですが、少しでも長持ちさせる方法があります。

画面の明るさを50~70%程度に設定、起動させるアプリの数をできるだけ最小限にする、電力が50~70%くらいまで減ったところで充電する、などの方法があります。

スマホのゲームを長時間やったり、You Tubeの長時間動画を長時間視聴していると、バッテリーの消耗はどうしても速くなりがちです。

充電が100%でもずっとコンセントに入れっぱなしの人は多いと思います。

長持ちさせるという目的からすると、多少減ってもすぐ充電しないことが、少しでもバッテリーを長持ちさせるために必要な処置の一つのようです。

スマホ バッテリー切れになるとどうなる

どの種類のスマホでも、android,iphoneどちらであっても、バッテリーが切れると強制シャットダウンされます。

直前まで保存していないデータは消えてしまいます。

アプリも、アクセスしていたサイト、サービスも全て強制シャットダウンします。

強制シャットダウンして間もなくであれば、電源をコンセントに差し込めばすぐに起動できます。

バッテリー切れになってから時間が経てば経つほど、電力のチャージに時間がかかり、起動するまでに時間がかかります。

スマホ バッテリー 充電 できない時は

スマホを電源につなげても、充電できない時があります。

これは、お使いのスマホを購入してから何年経過しているかにより判断が違います。

3~5年以上経過しているスマホであれば、バッテリーの劣化は当然として、接続端子部分の劣化による接続不良の可能性が高いかもしれません。

私も経験済で、現在のiphoneの前はandroidでした。

現在も所有しているandroid端末ですが、5年以上前のかなり古い機種です。

今でも必要なデータを保存していて、たまに起動させて使用しています。

以前通常使用していた時、コンセントにつないでも電力チャージが表示されない時がちょいちょいありました。

接続端子が劣化しているらしく、電源の端子が外れやすくなっていました。

かなり古い機種なので、接続部分も劣化しやすくなっていたと考えています。

精密機械である以上、時間が経つとこういうことも起こりえるということですね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
iphoneスマホデジタル機器
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント