スマホ モバイルバッテリーの使い方

スポンサーリンク
スマホ

モバイルバッテリー とは

外出先でもスマホなどを充電できる、携帯式のバッテリーのことを言います。

iphone用、android用、両方に使えるもの、ノートパソコン用など、様々な種類があります。

モバイルバッテリー 充電するには

USBアダプタにつないでコンセントから直接充電するタイプと、USBケーブルをパソコンにつないで充電するタイプ、無線で充電できるタイプなどがあります。

モバイルバッテリー 大容量とはどのくらいなのか

通常大容量と言われるサイズとしては、20000~30000mAh程度のものを言います。

さらに上だと、50000mAhのものがありますが、通販のみで購入できます。

その上には150000mAhなどという超大容量があるようです。

ここまでの容量だと、完全にアウトドア専用と思ってよいでしょう。

容量が大きい分、非常に大きいサイズになり、車で運ぶ必要があるくらいの大きさになります。

モバイルバッテリー ケーブル内蔵とは

接続ケーブルが内蔵されているタイプということです。

わざわざ接続ケーブルを購入する必要がないので、非常に便利です。

モバイルバッテリー ソーラー充電できるものとは

ソーラーパネルが装備されていて、太陽光で充電できるタイプのモバイルバッテリーです。

晴天の日に、太陽光が当たる場所にただ置いているだけで充電できます。

キャンプなどのアウトドアレジャーの時は、大いに役立つでしょう。

モバイルバッテリー 超小型タイプの使用感

モバイルバッテリーの超小型は、つまり手のひらに乗せれるようなコンパクトタイプになります。

持ち運びにはとても便利なものですが、小型ということはつまり、蓄電量が少ないといことになります。

蓄電量は物理的な大きさに比例するので、容量が大きければ、その分蓄電量も多いということです。

それでも、持ち運ぶ時は荷物として全くかさばらないので、大きなメリットと言えるでしょう。

モバイルバッテリー容量 おすすめなのは

その人の使い方により、おすすめの容量が大きく違います。

メール、電話、LINEなど、最低限必要な使い方ができればいいという人は、10000mah以下の数千mah程度でも十分です。

スポンサーリンク

容量の大きいモバイルバッテリーを必要とする状況というのは、長時間ゲームやLINEその他のSNSでメッセージやり取り、You Tubeを長時間見たりという目的のはずです。

そういう人は、最低でも10000~20000mah以上の容量がおすすめです。

数字が大きければ大きいほど容量が大きいということになりますが、その分高額になっていきます。

使い方と、価格、予算との相談ということになります。

モバイルバッテリー 大容量 ソーラーがついているものとは

ソーラー蓄電できるタイプのモバイルバッテリーになります。

アウトドアやレジャーなどに有効なモバイルバッテリーになります。

晴天時、遊んでいる間に太陽光に当てておけば、自然と蓄電されるので、アウトドアなどに便利です。

家電量販店ではほとんど見かけないものであり、通販限定商品と思ってよいでしょう。

モバイルバッテリー 20000mahは何回充電できるのか

iphoneかandroidかにより違い、それぞれの機種によっても充電回数がかなり違います。

ざっくりとした回数としては5~10回程度と考えても差し支えないようですが、機種や使い方により、かなり違います。

どちらにしても、古い機種ほど回数が多く充電でき、最新機種になるほど消費電力が多いので、少なくなる傾向にあるようです。

とはいえやはり、機種によってかなり違うので、この回数はあくまでも非常に大まかな目安と考えた方がいいでしょう。

モバイルバッテリー 安いものとは

安いものを追求すると確かに沢山あります。

ただ、安すぎると商品の質が問題になります。

安くするために内部構造も安上がりに設計されているので、いつ故障してもおかしくないとか、発熱、発火などの事故を起こす可能性が高くなるでしょう。

予算に応じて検討するのは重要ですが、安すぎるものは、買い替えるほうにコストがかかる場合が多いです。

安くても質の良いモバイルバッテリーも沢山ありますが、価格と性能を比べてみると、ある一定の価格がボーダーラインになることが多いので、その辺をよく見比べることが大切です。

モバイルバッテリー anker 充電器とは

ankerはサプライメーカーとして有名なメーカーなので、ankerの充電器であれば、品質にあまり問題ないと言えます。

充電器も様々な種類があるので、用途に応じて検討するとよいでしょう。

モバイルバッテリー エレコムはどうなのか

様々なデジタル機器を扱うメーカーで、比較的安価な製品を提供しているメーカーとしてバッファローと同じくらい有名です。

安価の割に性能もいいので、無名メーカーを選ぶよりは、多少高くてもエレコムの方がおすすめです。

高いといっても、USBなど小物の周辺機器によって数百円程度の違いなので、パソコンに認識されないとか不具合を起こす無名メーカーよりは、数百円高くても正常に作動するエレコムの方を推奨します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
スマホデジタル機器
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント