スマホ料金を安くする方法

スポンサーリンク
スマホ

スマホ料金を安くする方法

スマホ料金が高い人はかなり多いのではないでしょうか。

政府の携帯料金見直しの政策のおかげで、この1,2年で大手3社が料金見直しでかなり安くなってきたとはいえ、高いスマホ料金に悩んでいる人は多いと思います。

この記事では、携帯料金を引き下げるために、私がこれまで複数社乗り換え、月額2000円以下にまで抑えることができている体験を元に、スマホ料金引き下げのやり方を説明してきます。

キャリアを選ぶ

大手3社はいづれも、基本料金が高いです。

もちろん、使い方と契約プランにより、料金が全く異なってきます。

それでも、通話やパケット代含めると数千円から1万円台、人によっては数万を越える人もいるでしょう。

スマホ料金を安くするための第一歩として、まずは乗り換え先のキャリアを選ぶことです。

格安携帯の会社は沢山あるので、どこがいいかわからないという人は多いはず。

ですが、各社のプランを検索して料金を比較しないと、大まかな料金が把握できません。

面倒なのはよくわかりますが、まずは各社の料金プランを比較することから始めましょう。

月額〇千円に注意

どのキャリアも、月額〇千円と目立った広告が目につきます。

ここで注意することとして、ほとんどは基本料金のみ、という事実。

基本料金は通話もパケット通信も何も使わない料金のみ。

通話した時間分、動画やゲームを長時間やっているとパケット通信料がかかります。

LINE通話をメインに使うのであればあまり問題ではありませんが、仕事などでよく通話する場合、どのくらいの通話時間が無料になるのか、よく検討した方がいいです。

できるだけ安くしたいのであれば、各社比較して、一番安いプランを提供している会社を選びましょう。

MNP番号を取得するかどうかも判断材料

スポンサーリンク

MNP番号とは、現在使用している電話番号を、他社に乗り換え後も使用するための転出番号のことを言います。

LINE無料通話を使っている人は多くなっていると思いますが、仕事やプライベートでまだまだ携帯番号が必要になる場面は多いはず。

番号を変えても問題ない場合は、新規で他社を契約すればいいので簡単です。

番号を変えずに他社へ乗り換える時は、MNP番号を取得する必要があります。

MNP番号は有効期限がある

MNP番号取得自体は簡単にできます。

現在契約しているキャリアに連絡して、MNP番号を取得したいと伝えればいいだけです。

取得してからがかなりシビアになります。

どういうことかと言うと、MNP番号には有効期限があります。

大体は15日間とか2週間、つまり14日間。

そして、ここでもまた注意点があります。

乗り換え先のキャリアにもよりますが、MNP番号の有効期限が12日以上残っているなら乗り換え可能とか、10日以上残っているなら乗り換え可能、というキャリアが多いです。

その期限内に乗り換え手続きしないと、システムエラーで番号が使用できないことになり、乗り換えできず、有効期限が切れた後また再取得しなければならないことになります。

こういう状況を避けるためには、乗り換え先のMNP番号の有効期限の残りがどのくらいなら乗り換え可能かをしっかり把握しておくことと、カレンダーの日にちを常にチェックしておくことです。

スマホ本体を選ぶ

どのキャリアでも、契約時スマホも一緒に購入することになります。

安い端末であっても、1万5000円~2万円程度またはそれ以上。

比較的新しい機種、新機種であれば、数万円から10万円以上の機種があります。

24回とか36回払いで、月額は安くなりますが、これがいわゆる2年縛りとか3年縛りです。

simフリーがオススメ

政府の政策のおかげで、2年縛りや3年縛りなどができなくなる、縛りなしプランも多くなってきました。

それでもまだ、多くのキャリアが縛りプランになっています。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
スマホ
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント