テレワーク 在宅 勤務に必要なPC周辺機器

スポンサーリンク
デジタル機器

テレワーク 在宅 勤務に必要な周辺機器はこれ

コロナの影響で、テレワーク、在宅勤務やオンライン授業をする事になった人は多いです。

とはいえ、パソコンを始めとした周辺のデジタル機器について、あまり詳しくない、何を選んでいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、テレワーク、在宅勤務、オンライン授業に参加するために、どんなデジタル周辺機器が必要なのかをご紹介します。

USBハブ


USBハブ 6ポート 3ポート マルチカードリーダー

増設用外付けUSBハブです。

デスクトップパソコン、ノートパソコンともに、USBポートの数は限られます。

PC周辺機器は、ほぼ全てUSB端子がついていて、このようなUSBハブがあれば、増設した分だけつなげます。

こちらのUSBハブをつなぐだけで、最大6個の周辺機器をつなぐことができます。

このUSBハブ、マルチカードリーダーもついています。

SDカード

SDカードはデジカメやandoroidにも使えるデータ保存媒体です。


SDカード MicroSDメモリーカード 変換アダプタ付

こちらは32GBのSDカード 変換アダプタ付。

デジカメは大体がSDカード(メーカーや機種によってはマイクロSD)、andoroidは、機種にもよりますが、マイクロSDカードを保存媒体として利用できます。

マイクロSDのままデータ保存したら、変換アダプタに差し込み、SDカードリーダーに差し込めば、PCで読み込むことができます。


SDカード MicroSDメモリーカード 変換アダプタ付 容量64GB

こちらは64GB。


SDカード MicroSDメモリーカード 変換アダプタ付 容量128GB

こちらは128GB。


SDカード MicroSDメモリーカード 変換アダプタ付 容量258GB

スポンサーリンク

こちらは258GB。

SDカードとしては、今のところは258GBが最大容量のようです。

普段から写真や動画を沢山撮る人は、64GBか128GBでも十分すぎる容量ではないかと思います。

258GBは、普通にノートパソコンと同じ保存容量になります。

SDカードですが、258GBまでの容量になると、5500円程度。

使い方によって容量も違ってきますが、思い切って最大容量である258GBを購入してしまえば、データ保存場所に困るなんてことは、ほぼないと考えて良いでしょう。

外付けハードディスク


外付け HDD ハードディスク 1TB

USBでつなぐだけで使えるHDD。

こちらは1TB(テラバイト)。つまり1000GBです。

テレビ録画、PCデータ保存どちらも使えるHDDです。


外付け HDD ハードディスク 2TB

こちらは2TB。GBに換算すると2000GB。


外付け HDD ハードディスク 3TB

こちらは3TB。GBに換算すると3000GB。


外付け HDD ハードディスク 4TB

こちらは4TB。GBに換算すると4000GB。


外付け HDD ハードディスク 8TB

こちらは8TB。GBに換算すると8000GB。

現時点で発表されている最大容量は16TBだそうですが、店頭では4TBまで拝見しました。

通販でも8TBまで市販されているようです。

16TBまでは見たことがありません。

スポンサーリンク

コメント