USBメモリー 64GBの保存容量

スポンサーリンク
スマホ

USBメモリー 64GBのデータ保存容量とは

64GBのデータ保存容量は、例えるなら2GBのMP4動画データが約30個程度保存できる容量となります。

動画データは容量が大きいので、長時間であればあるほどデータサイズも大きくなります。

USBメモリ 128GBの保存容量

64GBの倍なので、単純に64GBの2倍の保存容量になります。

USBメモリ 256GBの保存容量

128GBの2倍の容量なので、数GB程度のデータであれば、かなりの数のデータが保存できます。

ここまでの容量になると、パソコン本体の保存容量に近いです。

近いというより、パソコン本体とほとんど同じくらいの容量といってもいいくらいの保存容量になります。

512GBのUSBメモリもありますが、500GB以上だと、デスクトップと同じ容量と言ってもよいでしょう。

データ保存のことだけを考えれば、ノートパソコンでもデスクトップと同じ容量のデータ保存ができるということになります。

価格でいうと、現在市販されている最大容量は1TBで1~1万5000円程度。

512GBであれば1万円以内で購入できます。

安くて少ない容量のノートパソコンであっても、そのくらいの価格の大容量のUSBメモリがあれば、デスクトップと同じくらいの容量のデータを保存できるということです。

USBメモリ andoroidで使えるものとは

androidの電源端子はtype-cという種類になりますが、このような端子のUSBだと、androidにそのままつなげることができて、データをやりとりすることができます。

家電量販店に売っていることもありますが、こういうタイプの場合、通販での購入の方がより確実に入手できます。

usbメモリエレコムのものとは

ソニーやパナソニック、東芝など、大手のメーカーに比べて、格安の製品を取り扱うメーカーとして有名です。

安いのにパソコン周辺機器として通常通り使用できるので、消費者としてはとてもありがたいメーカーです。

バッファローも同じタイプのメーカーで、大手より安く購入できるメーカーとして有名です。

食品でいう、CGC、シージシーのような存在と考えてよいでしょう。

そうはいっても、USBメモリーであまりに安すぎるものを選ぶと、パソコンによっては認識されない場合もあります。

以前知人のデータのバックアップを頼まれた時、激安の16GBUSBメモリを購入して作業しようとしたことがあります。

知人のデータを、自分の所有しているHDDにバックアップを取り、購入した格安USBに移そうとした際、一部のデータが認識できなかったため、相談して大事なデータだけ移したという経験がありました。

あまりに安すぎると、不具合が生じる可能性はゼロではないということを経験しました。

参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
スマホデジタル機器
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント