USBメモリ 容量の違いと使い方

スポンサーリンク
デジタル機器

パソコン USBメモリの使い方

パソコンに搭載されているUSBポートに差し込み、本体に認識されれば使用可能です。

USBメモリ 容量 一覧

商品棚に分けて陳列されているので、一目でわかります。

商品パッケージにも記載されています。

USBメモリ本体にも記載されているものもあります。

少ない容量だと、4GB未満があります。

それ以上の容量では、8GB,16GB,32GB,64GB,128GB,256GBまでが一般的に市販されています。

USBメモリ 値段の違いとは

一番違いがわかるのは、容量の違いです。

容量が大きければ大きいほど、値段も高くなります。

同じ値段でも多少の違いがある時は、メーカーの違いと思ってよいでしょう。

USBメモリー チェックする方法

パソコン本体に認識されていれば、エクスプローラーに表示されます。

表示されているUSBをクリックすれば、中のデータをチェックできます。

残りがどのくらいの容量かを確認するには、右クリックして、プロパティという項目を見れば、残量が確認できます。

パソコン USBメモリ 選び方

沢山のデータを保存するのであれば、大容量の方がいいです。

データの数もそうですが、動画が一番容量を使います。

画像や他の読み込みファイルは容量があまり大きくありません。

動画は長時間であればあるほど容量が大きいので、長時間の動画を沢山保存するようであれば、やはり大容量がオススメです。

物理的な大きさについては、今は非常にコンパクトなサイズが沢山あるので、用途に応じて選ぶとよいでしょう。

デザインは完全に好みなので、お好きなデザインで構いません。

USBメモリ おすすめ容量とは

使う人の用途により、かなり差があります。

仕事などで沢山のデータを取り扱うのであれば、容量が大きい方がいいです。

趣味などで仕事以上に沢山のデータを扱うことも多いでしょう。

仕事にしても趣味にしても、扱うデータが多ければ、それに対応できる容量がオススメです。

64GBや128GBでも、容量としてはかなり大きい方です。

価格帯としては3000円~5000円程度なので、多少大きめの容量を一つ購入してみて、使ってみるとわかりやすいです。

使ってみて容量が足りない時は、同じ容量を数回に分けて購入する方法でも構いません。

USBハブをつなげば、複数のポートが使えるので、いくらでも増設が可能です。

予算と用途に応じて選ぶとよいでしょう。

USBメモリ 容量 最大はどのくらいがあるのか

現在USBメモリとして市場に出ている最大容量は1TBのようです。

1TB(テラバイト)は、GBで換算すると1000GBになります。

ここまでの容量があれば、保存容量に困ることはまずないと言ってよいでしょう。

最大容量なので、その分高額であり、1万は超えます。

どう使うか次第ですが、小さい容量を複数購入するよりは、一度大容量を購入してしまう方が、安く済む可能性はあります。

スポンサーリンク

iphone USBメモリバックアップの方法

iphone専用のUSBメモリとしては、正規品としてこのような種類があります。

iphoneの電源ポートにつなぐだけで、データのやり取りが簡単にできるメモリです。

とても使いやすいので、オススメです。

ただし、7000円くらいするものなので、予算と相談して検討するようにしましょう。

USBメモリ ケースとは

このような収納ケースがあります。

家電量販店などに行けば、他にも様々な種類の収納ケースがあるので、必要な人は検討してもいいと思います。

USBメモリ フォーマット 必要なものとは

USBメモリの中には、フォーマットしないと認識されない場合があります。

新品であれば問題ないことがほとんどですが、かなり古いUSBなどを使用する場合、パソコンによってはフォーマットしないと認識しないという可能性があります。

フォーマットとは初期化、つまり工場出荷状態に戻すということになり、もし何らかのデータが入っている場合、自動的に消去されることもあります。

パソコンに挿入した時、こういうメッセージが表示された時は、注意が必要になることもあります。

USBメモリ プレゼントにしてもいいものとは

USBメモリは全て指サイズであり、かさばらないので、プレゼントにはおすすめかもしれません。

パソコンに詳しい人や、パソコン作業を仕事にしている人に贈る目的であれば、喜ばれるでしょう。

容量が大きい方が、より喜ばれると思いますが、あとは予算と相談です。

USBメモリ LED付きとは

LEDランプが搭載されているUSBメモリは、起動状態や保存作業がLEDランプの点滅点灯の状態で確認できるものになります。

ケースで覆われいていて、起動状態が全く見えないものよりはわかりやすいという特徴があります。

起動、作業状態をチェックしたい人にはオススメです。

USBメモリー パスワード付きとは

セキュリティ機能がついているUSBメモリということになります。

大事なデータが入っていたり、第三者に見られる可能性がある人には、かなりオススメなUSBメモリです。

その分値段も高額になりますが、データの保全を考えれば安いと考えてもよいかもしれません。

第三者に見られる心配がない人には意味がないと言ってもよいでしょう。

USBメモリ スマホ対応のものとは

andorid、iphoneともに、どちらでも使える端子がついたUSBが市販されています。

検索してみると沢山見つかるので、必要であれば検討してもよいかもしれません。

USBメモリ 小型のものはどうなのか

コンパクトにする技術は日々進化していて、指先サイズの小型タイプでも、大容量のUSBメモリもかなり増えてきています。

使う分には全く問題ありません。

場所を取らないしかさばらないので、とても有用です。

USBメモリ 動画保存する時は

動画を保存する時、保存先をUSBメモリに指定すれば保存できます。

ただし、動画の容量により、保存できるかできないかが変わります。

小さい容量のUSBだと、動画を一つだけしか保存できないこともあります。

複数の動画を保存する時は、できるだけ容量の多いUSBへの保存をおすすめします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
magoyan

ネットサーフィン、IT大好き、テレビ、音楽、楽器演奏、マンガ、活字(小説、歴史書、伝記他含む)、ビール、ラーメン、サウナなどを楽しんでます。毎日情報番組やニュースをチェックし、常に流行にアンテナを張って楽しく生きてます。
趣味でドラム、ギター、ピアノをやってます。
自称ジャズドラマー笑
ギター、ピアノともに人に聴かせるほどのレベルではなく、一人で演奏することを楽しんでます。
毎晩のビール、晩酌が欠かせない酒飲みです。

magoyanをフォローする
デジタル機器パソコン
スポンサーリンク
magoyanをフォローする
日常のつぶやき

コメント