Word Pressに記事を投稿

スポンサーリンク
アフィリエイト

Word Pressに記事を投稿

外観(テンプレート)を変えて

各種プラグインを導入したら

数記事の記事を投稿していきます。

記事はどんな記事でもいいですが、

サイト、ブログテーマに沿った内容にするべきです。

情報発信するにしても

ターゲットを絞って

どんな人をターゲットにするか

これを明確にすれば

記事の作成も割と簡単にできるものです。

テキストエリアに文字を入力

記事のテーマを決めたら、

テーマに沿って記事を書いていきます。

文字の装飾は、記事が大体完成してからでOKです。

ターゲットの層が理解しやすいように

小学生でもわかるような表現だと

アクセスが伸びやすいようです。

合間に画像を入れると、より効果的です。

画像をキャプチャ

画像を挿入するには

挿入したい画像をPCからWord Pressに

アップロードするわけですが

画像をキャプチャとは

ネット上に無料配布されている

いわゆるフリーソフトの

画像キャプチャ用のソフトをインストールして

希望の画像をソフトで読込み、切り取り

PCに保存することをいいます。

画像キャプチャ用のフリーソフトも

多数配布されていますが

これについては、ご自身でいろいろ試してみて

使いやすいと感じるもので良いと思います。

使用する画像は、物によっては著作権があるので

注意して使った方が良いです。

画像を挿入

キャプチャした画像をPCに保存したら

保存したフォルダを開いておいて

Word Press新規投稿内にある

「メディアを追加」をクリックすると

ファイルをアップロードするための

専用の画面が表示されます。

あらかじめ開いておいたファイルから

挿入したい画像をドラッグアンドドロップすると

メディア内に画像がアップロードされます。

右下の「挿入」タブをクリックすると

アップロードされた画像が記事編集画面に挿入されます。

文字数

アフィリエイトは稼ぐための手法によって

スポンサーリンク

文字数が関係することがあります。

一つの記事につき

少なくとも1000~2000文字以上書いていることが

googleからは優良コンテンツとして

評価されやすいようです。

優良コンテンツとして評価されるということは

つまりは上位表示されやすいということです。

PPCアフィリエイトは

広告費を投入して

お金で強制的にアクセスを集めることができる方法です。

多少の文字数は必要ですが

アフィリエイト可能なgoogle広告では

1000文字書かなくても

広告表示されます。

これは私の経験談です。

ただ、これはあくまでgoogle広告を利用した

PPCアフィリエイトの手法に限ってかと思われます。

より濃いアクセスを狙いたいのであれば

ターゲットを絞って

時間と手間をかけて

文字数を入れて

しっかりとしたコンテンツにする方が

googleからは

優良コンテンツとして評価されることは

事実のようですので

参考にどうぞ。

文字装飾

記事を大体完成させたら

文字装飾を施していきます。

一つの記事内に

訪問者さんを、より長い時間滞在させることが

優良コンテンツとして評価されやすいようです。

1000~2000文字ほど書いても

黒字のみだけだと

良い記事を書いたとしても

つまらない記事に見えてしまうようです。

ちょっと重要な部分は黒い太字

重要な部分は赤字

さらに重要な部分は赤字の背景黄色の蛍光色

という装飾をバランスよく文字にメリハリがついて

良いコンテンツとみなされるようです。

PPCアフィリエイトでは

上述したように

お金をかけてアクセスを集めるので

文字装飾について

そこまで気を使わなくてもOKです。

その分ある程度お金をかけないと

アクセスが集まらないので

売上を伸ばしたいと思うなら

広告費をできるだけかけたほうが

報酬は上がります。

あとは記事というか

広告を大量に作成していけば

報酬は上がっていきます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
まごやん

東北の片田舎で本業とネットビジネスのダブルワークで生計を立てています。
アフィリエイト、ビール、マンガ、読書、楽器演奏、温泉めぐり、サウナめぐり、音楽鑑賞、将棋、時々釣り、時々旅行など、多趣味です。

まごやんをフォローする
アフィリエイト
スポンサーリンク
まごやんをフォローする
日常のつぶやき

コメント